高山さんの話

高山さんというモデルさんのトークショーにゆく。

 

笑顔の素敵な女性。

鶴太郎さんとおなじ空気を感じる。

 

なににも縛られず、ほんとに楽しんで生きてる人の笑顔。

 

おれもそうでありたいと願う。

 

鶴太郎さん62歳

高山さん35歳

おれ29歳

 

勝手な鶴太郎一門。

 

 

尊敬できる人じゃないと好きになれないって話

ある。

おれもその気がある。

おれは尊敬ないと、

 

いや、尊敬ではない。

『素敵さ』のほうがしっくりくるな。

 

素敵さがないと好きになれん。

でもその素敵さはなんか頑張ってたり、毎日楽しく生きてたり、そんなことや。

 

資本主義の奴隷女性は、尊敬できないと男性として見れないという。

その背景にあるのは『仕事が出来るかどうか』だ。

そしてその=として『年収の高さ』で測ってる。

 

なるほどねー

尊敬できる人がいいってこんな感じね。

 

それはきっと、自分がなにかしら頑張ってる自負があるからか。

その自負が相手にも同じようなものを求める。

 

なるほろ。

ぴよえ〜〜〜〜〜ん

 

きっつい。

ほんま20代後半なってからの恋はきっつい。

 

ダメージでかい、ほんま。

 

 

 

 

 

 

 

あー

恋愛支援と婚活支援はほんまに価値あるなーと改めて実感する。

 

この痛みや苦しみを越えるものは、生きてる中でそんなないど。

 

生きる。

明日からちょっとだけ真剣に生きる。

 

おれの生き方はもう変えられへんし、変える気もない。

 

今回は徐々に距離詰めたけど、たまたまあかんかっただけや。

恋愛は最終的には縁とタイミング。

 

彼女があと3年ほど大人だったなら、もしかしたら今のおれと向き合えてたかもしれんな。

 

縁とタイミングや。

おれはまた新たな失恋記録に向けて走り続ける。

 

ぱぽぽぽぽーーーーーん

ぺーーーーーーーん

ぐぁんぐぁん

 

 

 

 

 

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

頭では縁とタイミングやゆーても、心は別やど。

納得なんてすぐできるかい!!!

 

でも折り合いつけてくんや、それでもよぉ

 

なぁ、幸せになりてぇよ。

おれが好きになれて、相手もおれを好きになって受け入れてくれる人はどこにおんねん。なぁ。

 

いまも幸せやけど、おれは孤独やど。

おーいおーいおーいおい

 

だからもう寝る。

とにかくふて寝して、明日早起きして、マクドでモーニングして、本読んでいろいろ考えて、引越しの準備終わらせて、昼はランチして、夜は酒飲んで、合間でランニングして、

 

それでそれでとにかく。

おれのシャウト!!!!

 

辛いよりも悲しい。

一般人が10考えてるとしたら、おれは1000考えてるって言われたよ。

 

そりゃそうや!

ほんまにそれくらい考えてるもん!

でもそんなん普段出さんよ?

感じたことある?

そんな考えてるところ。

 

ないやろってーーーーー

 

引かんとってやぁー

辛いわぁ、ほんまに。

 

好きな人と好きな場所で暮らしたい

そんな夢描いたらあかんの?

 

だームス

寝る。

おやすみ先生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

大丈夫やったオチ

 

 

失恋の話

好奇心旺盛で好きになれそうな女性に、

 

思ってたより変わってて心が痛い。

気持ちの整理が必要。

 

て言わせてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛い。

自分が受け入れられなかったことが。

 

辛い。

こんな言葉を、言葉を大切にする彼女に言わせてしまったことが。

 

辛い。

おれは本当に孤独だと感じる今が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな夜はしょんべんしてふて寝するしかない。

サラバ。

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

ねれん

ストレスで手足に汗かく

以上

 

寝れるように努める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

ねれない。

東野圭吾の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を読む。

すこぶるおもしろくて5時を迎える。

このあとランニングに行こうと思う。

 

今日という日はおれの新たな転機だ。

 

社会不適合者には、それなりの人生の楽しみ方がある。

 

思うことの話

今年はエグい。

2月にはインフルにかかり、

ペットロスの影響で3ヶ月は廃人に。

7月から3回も熱出して倒れた。

 

健康な時はすぐに忘れてまうけど、

そうや。

 

幸介よ。

お前は身体が他の人よりも弱いことを決して忘れるな。

 

だから普通の働き方したら身体確実に壊す。

それは幸介が幸せに生きるための大きな要因の一つ。

 

五体満足で友達がたくさんおる今に感謝して。

 

あとは大切なことを見失いかけたとき、ほんまに風邪を引く。

 

良くも悪くも心に素直に生きてたら、メンタル=体調や。

 

お前は心に素直に生きると決めたんやから、それを理解して受け入れろ。

 

常に自分を満たすこと。

忘れることなかれ。

心に刻め。

単純思考アウトプット

もやもやする!

もやもやもやもやもやもやも!

 

久しぶりにこーすけとランチ。

彼女も一緒に。

 

もやもやする。

羨ましくて嫉妬笑

 

おれはもう、好きな人と好きな場所で生きれたらそれだけでええのに。

 

『それだけ』が一般感覚からズレてるおれからは遠い。

 

縁とタイミングの問題やと頭で割り切ろうとしながらも、心はいつだって正直で割り切れなんてしないのよ。

 

だからアウトプットしてるのよー

にょほほほ

 

まるっと人のことを受け入れることが難しいのはわかってるけど、それでもまるっと受け入れてくれる人が現れることを望んでる。

 

細かいとこはなんでも合わせるけど、生き方は変えれねぇ

 

まぁ、、、

 

へでもねぇな!

へでもあんだ!笑

 

だから単純思考アウトプットしてんの。

 

へでもある。

へでしかない。

つまり、へだ。

 

へでもねぇ

の『へ』てなんや。

 

へぇ、茨城弁なんや。

へでもねぇ情報。

 

犬の話

ミッキーが生きてた時に、よく破いた障子。

f:id:kosuke19880801:20171027140659j:imagef:id:kosuke19880801:20171027140703j:image

 

家族がおるときには破らんの。

誰もおらんときに破いてた。

 

何回張り替えても破るから、しまいには一番下を張り替えんくなったおれんちの障子。

f:id:kosuke19880801:20171027140920j:image

 

 当時は繰り返しの行為にミッキーを怒ったこともあったけど、

 

いま改めてこの障子を見て思う。

 

これは言葉を喋られへんミッキーからの『寂しい』てメッセージやったんやな。

 

犬って人間に比べたら寝る時間多いし、日中も誰もおらんでも寝てるやろって勝手に思い込んでた。

 

でもそんなわけないわな。

起きてる時間も当然あるわけで、そんときに誰もおらんかったら、遊び相手おらんかったら、ふつうに寂しいわな。

 

なんでストレートに寂しいってメッセージちゃうかって思われへんかったんや、って思うけど、おれはそんとき、心の余裕がなかったんや。

 

だからメッセージに気づかず、自分の都合のいいように解釈してもーたんやな。

 

そんときのおれを責めることは出来んけど、ミッキーはいろんなことをいまでもこうやって教えてくれる。

 

おれらが生きてるこの地球は、資本主義という仕組みの中で生きてる。

その仕組みの中で生きる限り、人はきっと心の余裕を待ちきれない。

 

心の余裕を持つためには、お金と時間から解放されなあかん。

 

自ら人生の舵をとり、己の道を進まなあかん。

 

おれは社会的に成功したいとか一切思わん。

でも、ミッキーが残してた障子のメッセージのように、大切な誰かが困ったときに、そのメッセージをありのままに受け取り、力になれる人にはなろうと強く思う。

 

それがおれにとってのほんまに優しい人。

おれという人間自体が、おれの大切な人たちにとって、実家のようにいつでも帰る場所(人)になりたい。

 

ミッキーありがとうな。

メッセージに気づけんとごめんな。

ほんまに賢い人って、ほんまの成功者って、自分にとって大切なものがなにかを知ってて、それを失う前から大切に出来る人なんやろな。

 

お前が教えてくれたことを胸に、お前の分まで楽しんで生きるわな。

 

よし。

大阪マラソンに向けてランニングや!

 

 

じいちゃんの話

倒れて、MRIをとった。

脳に水がたまってるらしい。

 

水が溜まってるから倒れたんか、倒れたから水が溜まったんか、おれにはわか、んし、わからんことは考えてもしゃーない。

 

でもわかってるのは、じーちゃんの命が限られてるから、一緒にいれる時間も限られてるってこと。

 

正直、この一年半で準備進めてきて、自分の中で必要なスキルと経験がウェブやから、それを東京の会社で磨きたい。

 

自分だけの人生を考えるならそやねん。

 

でもおれの人生はそもそも、じーちゃんばーちゃんがおらんだら、始まってもないわけで、そう考えるとおれが生きてきた二十九年間の嬉しいことも楽しいことも、

 

全部じーちゃんばーちゃんの命のおかげやねんな。

 

だから、おれは、せやねん

キャリアとか、人生設計とか、そんなんまた作ればええねんな。

 

ミッキーはそれを教えてくれたんかな。

 

ほとんどの人が、大切なものを失ってから、その大切さに気づく。

 

おれは本当に豊かな心を持つ人は、大切なものがなにか明確で、失う前からそれを大切に出来る人やと思う。

 

そこにはいろんな葛藤あんねん。

会社とか、コミュニティとか、ひとは繋がりの中で生きてるから。

 

おれ、いま葛藤してる、

 

でもほんまは葛藤してること自体がムカつく。

ミッキーのことがあったのに、死に目に立ち会われへんかったのに、

 

じいちゃんにも同じことしてしまおうと考えてる自分がムカつく

 

義理、筋、人情を欠いては、人の道にあらず。

 

おれの命があり、五体満足で生きてることに対する義理がじーちゃんばーちゃんにある。

 

それを優先出来ひん人間が、他人を大切に出来ると思うな。

 

納得感には時間がいる。

自分が気づき上げてきた設計を壊すことには抵抗がある。

そんなおれもおる。

 

いろんなおれがおれん中で喧嘩してるからモヤモヤする。

 

自分の魂が歓喜する生き方をしよう。

答えは出てても、それを納得させるのは時間がかかる。

 

でも決めるのも自分やし、納得させるのも自分やから、あとはまぁ、がんばれ。

 

難しい。

この選択は難しい。

 

いや、この葛藤を処理することが難しいねん。

弱い自分を知ってるから。

 

じーちゃん理由にして楽な方に逃げようとしてんちゃうかって、

 

 

 

 

 

 

 

あーーーーー

きちぃ。

 

話を聞いてくれる人がいてよかった。

それだけで人生幸せか