憤りを感じる話

http://president.jp/articles/-/20821?page=2

 

所属する部署のトップの記事。

 

20名に会えば100%成功するとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

ふざけんなよ。

心の底から、こういう嘘の情報に憤りを感じる。

 

決して恋愛に100%なんてあり得ないし、現場を管轄するトップが、公式文書としてこんな嘘を発表してはならない。

 

事業経営者としての判断基準が大きくズレている。

 

ましてや一時的にでも身を置いてる企業である。

考えられん。

 

経営の最優先を利益や利潤の追求に置くから、こんな記事を平気で世に出せるのだろう。

 

これはこの人の判断なのか?

一個上の社長の判断なのか?

そのどちらでもアウト。

 

ちょうど関東圏の駅内に広告を出してるタイミングだ。

 

それに合わせたマーケティング施策なのはもちろんわかる。

 

でも企業活動において、こんな嘘は決して世に出してはならない。

仁義を欠いては人として正しさから外れるやろ。

 

ほんまに憤る。

なによりおれの信頼がうせた。

 

もう来月辞める。

現場の人はなにも悪くないが、こんな環境に身をおいては、おれの魂は歓喜しない。

 

魂が歓喜しないことは、おれはもう出来ない。

 なんのために会社をやってる?

その存在理由が曖昧だからダメ。

 

金を稼いでもなんの意味もない。

沖縄で会議?ふざけんなと思う。

 

マジでむかつく。

明日、直接話して聞く。

 

最終的にはRに身売りするつもりやけど、やっぱりコンテンツはこっちで作りきらなアカン。

 

経営者はRから立てようとも考えたけど、こんな意思決定するレベルならいくらネームバリューあっても任せることは不可能。

 

経営者の判断基準が、その企業の器を全て決める。

 

とにかくだ、コンテンツに命吹き込む。

仲間がいる。

共に命かけて取り組めるコアな仲間が。

 

憤りがあるところにおれのパッションがある。

 

 

 

 

 

翌日追記

 

朝起きて、会社に出向く身体が重い。

価値のない会社の価値のない研修には時間を割きたくない。

 

とりあえず片岡鶴太郎さんのアナザースカイをみる。

 

何回観ても、そうだなーーーと思うことばかりで、心が落ち着く。

 

自分の心の音色は、自分が奏でないと表に出ることはないと片岡さんは言う。

 

おれもそう思う。

おれにはパッションがあり、解決したい問題と、それを解決するためのリソースがある。

 

それをおれなりに表現するんや。

 

そのためきは近い将来、一緒にやっていきたい会社。

敵対してもいいことはない。

そう思えた。

 

考えてみれば公に出す文章。

一個人ではなく会社としての意思決定とみるべきだろう。

 

となればその人の仁義の問題ではなく、会社の組織文化、組織風土の問題。

 

これは会社として明確な文言化されたビジョン、ミッションがないからだ。

そこに対する個人的な思い入れもない。

 

そこが曖昧だからこそ、それが今回の問題を引き起こしている。

 

全ての人と出来事は、教師か反面教師だ。

気づきを頂いたことにまず感謝しよう。

そして、こういう人たちになにが人として、組織として正しい意思決定なのかを伝えることができる自分になろう。

 

またまだ道半ば。

自分の正しさを主張できるほどの力をおれは持っていない。

 

ちゃんとせーよ、おれ。

自戒を込めて。

今日はHPの詰めと事業計画書の詰めをがんばる。

しゃかりきにやれー!!!

壁打ち2

まささんに事業計画のプレゼンのロジックを通してもらう

 

豊かな人間関係は幸せ

 

貧しい人間関係は不幸

 

それは世界中の研究結果

 

日本はどうか

悪い

 

なぜ悪い

 

そもそも大事だと気づいてない

気づいたところで学ぶことを知らない

知ったところで行動に移せない

 

だから悪い

 

悪いから、良くする

なんでそう思うのかの原体験

 

人の一日の時間の使い方

夫婦

友達

職場

 

ようは男女と職場

 

この二つを改善する

 

それがライフマップ

サービスは3つ

気づくこと

知ること

やること

 

以下省略

 

壁打ち1

スペースマーケット石原さんにお時間を頂く。

 

事業計画の壁打ち。

 

市場規模

売上推移

講師陣の面々

を追加して、エンジェル投資家に壁打ちするのが早いとアドバイス頂く。

 

その通りにする。

 

 

あとは創業のメンバーについては、

 

おれ

エンジニア

デザイナー

マーケター

 

の4人はいるな、という結論に。

事業計画作り込みがなによりも優先。

 

恋愛相談のHPと共に、1月作り込む。

壁打ち壁打ち壁打ち

縁に感謝。

悔しい話

ある人とどうしても繋がりたくて、facebookでつながりのある人に依頼した。

 

長文を送るも断られる。

 

悔しい。

だから学ぶ。

 

たぶん、ガチすぎた。

一度会った人はもっとフランクでいいんだと思った。

 

あと、相手の理解度を考慮してなかった。

 

しまったと思うところもあるが、連絡するまでのスピードと内容の質は、出すもんは出したから後悔はなく、

 

たまたま縁とタイミングが合わなかったんだと思う。

 

自分は経営者として、なにを得る必要があるのかを突き詰めて考えなければ。

 

すべては自分で出来ないけど、全て自分でやるレベルのコミットメントが、きっと人を動かす。

 

まだおれのコミットメントが本気でなかっただけ。

 

絶対にうまくいく。

うまくいかない理由がない。

 

そう確信出来るような自分になろう。

やはり1月は大事。

あと10日しかないけど、ここきばりどころ。

 

1日1日のやるタスクを明確にして動く。

 

断られたことでコミットメント上がる。

また人生の記憶に残る出来事になった。

 

しゃかりきやれ!

おれ!

 

10代後半の恋

back numberの、わたがしという歌が好きだ。

 

メロディも歌詞も。

 

■わたがし

https://m.youtube.com/watch?v=InSL08VJOxM

 

■歌詞

http://j-lyric.net/artist/a04fdf2/l029617.html

 

冒頭が秀逸。

 

水色に花びらの浴衣がこの世でいちばん似合うのはたぶん君だと思う

よく誘えた 泣きそうだ

 

10代後半の若い男の心境ってほんまこの通りやと思う。

 

自分の好きな人が世界一かわいいと信じて疑わない。

 

そんな人と、どのタイミングで手を繋いだらいいのか本当にわからない

 

冬場なら寒さを理由にできるけど、夏祭りはそうはいかん。

 

男の勇気が試される。

 

手を繋ぐ

告白する

キスをする

 

その3つのハードルは余りにも高く、いつ、どのタイミングで、声をかけるのか、自然にいくのか、わからなかったなー

 

と思い出す。

18歳ぐらいのあのドキドキはもう二度と来ないだろうけど、

 

婚活の現場の、異性と付き合ったことない人にはたぶん、これがある

 

そう考えると実に羨ましくもある。

 

 

 

 

 

 

 

「結婚」

 

それを体型立てるため、自分はなにをもって結婚する相手を決めるべきかを考えている。

 

性格

価値観

初対面のフィーリング

一緒にいるときのフィーリング

年収

年齢

身長

体重

体型

おもしろさ

楽しさ

趣味

人生観

生き方

 

たぶん細かく挙げるとキリがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもたぶんこうか。

 

愛にはその対象がいくつかある。

 

異性の愛

親子の愛

友達の愛

 

異性の愛は、恋からしか発展しないのではないだろうか

 

20代後半になってくると、自分の中に判断基準のモノサシが出来る

 

また自分の容姿にも、価値観や性格がだいぶんと反映される

 

初対面のフィーリングというのは、一緒にいるときの居心地の良さとだいたいイコールであることが多い

 

それはでも、恋愛経験が量と質が両方多いときに限るんやけど

 

心と頭と体

 

やっぱりこの3つが大事な気がする。

 

と思ったら、前に書いてたのを思い出した。

 

http://kosuke19880801.hatenablog.com/entry/2016/05/27/013117

 

5月27日のおれ、なかなかやっぱりいい線いってると、自分の書いた記事を見て思う。笑

 

そう。

心と頭と身体と。

結婚するなら全部大事や。

 

初対面のフィーリングや一緒にいて楽しくて落ち着くこと。

初対面のフィーリングには身長とか体型とかも含まれてる

これは心のYES

女性は清潔感が大事で、男性はきれいかかわいいかが大事。

人は長い人生の中で恋に落ち続けることからは逃れられない。

歳をとって恋に落ちなくなることはなく、恋に落ちづらくなるだけだ

 

あとは身体。

これも大事。

笑い飯の哲夫さんが言ってたという「肌感」が大事

肌が、似てるってこと。笑

肌に触れてて違和感がないってゆーかなんとゆーか。

そんな感じ。

 

あとは頭。

年収とか職業とかは自分が納得するかどうかや。

 

おっ

 

 

心は変わりづらいもの

頭は変わりやすいもの

か??

 

よい

ここ体型立てる

 

こっから先は手帳に書いてまとめてみよう

 

 

いや、だから、わたがしの歌詞のような恋が出来る相手と結婚したいとおれは思う。

 

それはやっぱり、言葉にすると初対面のフィーリングだ。

 

それはおれがそうなのか、大半の男がそうなのか。

もし大半がそうなのだとすれば、やはり女性は生まれ持った素材を輝かせる努力をしなければならない。

 

生き方もね。

 

うーん

ハードルたけーな。笑

 

 

 

 

 

 

すぐ追記

 

わかった。

人は恋に落ちる

男も女もそう。

 

おれは平均、年に一度は恋に落ちる

 

それはでも、おれが一年に少なくとも50人くらいの異性と出会っているからだ。

 

それは仕事や、友達や、趣味を通したり色々。

 

でも出会ってるから、恋に落ちる

 

出会いの場にいけ。

まずはそこからか。

 

結婚相談所だけに頼るな。

結婚相談所、アプリ、飲み会、出会いの場にさえ行けば、あとは恋に落ちるのみ。

 

そして、恋に落ちた相手にも恋に落ちてもらう。

それが大事。

 

結婚相手に妥協するならば、人生に妥協してるのと同じ

 

恋とは人生で最も楽しい娯楽だ

楽しまなくてどーする

習慣に落とす話

ふと、落ちてくる。

 

結局、人間の行動の40パーセントは習慣だ。

 

だから習慣を変える必要がある。

 

モテない人はモテない習慣があるが、問題はそれに気づいていないこと。

 

①習慣について知ること

②女性が求めるものを知ること

➡︎優しさ、話を聞いてくれること、とかなんとかまとめる

③自分がそれが出来てないと気づく

④出来るための習慣をつくる

 

うーんん

 

動画だけではやはり厳しいのか。

 

検討の余地はいくらでもある。

でも出来るはず。

 

やってみてから諦めればいい。

 

 

 

翌朝 追記

 

最初のサーベイ的な役割が大きい。

人生の幸福度を、人間関係、お金、仕事、家族、またそれにまつわる習慣に関する質問で測る。

 

うーん

幸福度、なのか?

 

幸せな結婚

離婚のない

 

のほうが顕在ニーズには近いか。

 

理想

現在

そのギャップ

の3つに関する質問をして、

 

理想は、なにを求めてるのかを10段階くらいで測る

現在は、いまの満足度を10段階くらいで測る

ギャップは自分が埋めたいと思ってるのかどうかを測る

 

埋めたいと思っているものを解決するためのコンテンツはその人に合わせて提供

 

動画がメイン

 

無料のコンテンツはこの診断テストと、その人に合わせたセットアップ動画

 

具体的なノウハウなどはマネタイズ対象

 

月額は1000円以下に抑える

個別の相談は期間パックにするのがいいか。

 

1ヶ月なら1万円

3ヶ月なら25000円

くらいか

 

これがどれくらい現実的かは、現場で確かめる。

 

今月の優先順位はHPの立ち上げだ。

 

教育の話

最近ずっと考えていることは、どれだけ恋愛教育を、というか教育を、システムで出来るのかということだ。

 

婚活の現場に入ってわかったことは、恋愛でうまくいってない人は結局、自己評価がごっつい下手くそ。

 

なぜ自分がうまくいっていないのか、ということに

①気づいていない

②気づかないフリをしている

のどっちかだ。

 

前者の場合は厄介。

前者の場合はまず気づく必要があり、気づけば変わろうとする人もいる

 

後者の場合も厄介。

多くが自分が傷つかないように見て見ぬ振りをしているが、結局それではうまくいかない。

 

恋愛教育は簡単でない。

結局のところ、人としてどうかという話に行きつく。

 

どこまでがシステムでできて、どこまでが人が介在する価値があるのか、

 

 

 

 

 

 

 

気づきと自己評価の提供はシステムか。

 

人が介在するときの価値と価格。

決められん。まだ