ふう

環境を変える

 

起業家に囲まれるところに身を置く

 

理論はだいたい見えた

あとはビジネスインプット

 

29になるまでがおれの中の勝負

単純思考アウトプットの会

文字を消した、初めて。

 

言葉が紡げない紡がない

 

 

 

■まずハッカソン、アイデアソンに参加

■ビジョンを固める

■仲間を探す

■とにかく発信する

 

そうか。

自分でも気づいてて、やってないところにフィードバックもらったんや。

 

 

 

自分の中心の中にある音色は、自分でしか表現できない。

 

表現しよう。

なんていうか、もっと楽しくだわ

 

 

 

 

 

 

 

現場感でいうと、おれには当たり前になってることができてない人が多い。

 

高い水準の恋愛教育や、

高い水準の職場教育は、

実はそんなに重要じゃないのか。

 

そのレベル感だわな

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

心が穏やかな自分がいて、弱気な自分がいて、またテンションの高い自分がいる

 

自分のいまに目を向けて偽らない。

 

ビジョンから再構築する。

大阪に帰るバスの中で

スクラップ&ビルドの話

つくっては壊す

つくっては壊す

 

恋愛をやりたいわけやないんや。

おれは人生を楽しんでる人

人生幸せな人を増やしたいんや

 

スクラップ&ビルド

 

つくっては壊す

壊してはつくる

 

人生も同じ

 

 

 

 

 

 

 

そうか。

 

おれは婚活の現場に入ってよかった。

 

おれがやりたいのは教育で、婚活でない

 

シンプル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおおおああおおおおおおおおおお音おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

 

 

 

 

来たこの感覚

 

やっと戻って来た

 

そう。

おれがしたいのは教育

 

このブロクを初めたときあたりから恋愛で生きると決め、恋愛を体型立て、男女の違いを研究し、自らの身を婚活の現場に置いた

 

その結果、見えて来たものは、結局本質的な教育だ

 

恋愛は表面的なスキルでない

 

本質的な教育なくしてうまくいくことはない。

 

おれのこの1年はこれに気づくためにあった

 

テンション上がる

自分の中にあるいろんな思考が、分散していた思考が統合される

 

 

 

 

 

 

おれは人生楽しんでる人を増やしたい

 

豊かな人間関係を築くこと

仕事を楽しむこと

 

その二つだ

 

圧倒的に拡散する

 

人生を豊かにするための情報はすでに世の中に出尽くしている

 

それを適切な形で、最善の形でリーチする

 

 

 

 

 

 

 

 

心が晴れてる

 

思いつく限り、ない

 

人生で一番心が晴れてる

 

ああ

良き人生よ

これからさらに良くしていこう

 

でも誰でもない、おれがつくった良き人生

 

人生における全ての責任を、親にも他人にも会社にも社会にも求めない

 

生まれで依存にまみれる人間がこうなるためには思考習慣だ

それを変える

 

シンプル

 

ああ

この興奮を共有できる仲間が欲しい

 

方向性を改めて決めた

 

良きかな良きかな

 

いま一緒にいる音

ぴったりだ

ありがとう!!

 

f:id:kosuke19880801:20170202170830p:image

 

 

 

2017年2月3日追加

 

そうか。

おれは別に幸せにしたいんやない。

 

人生おもしろくしたいんや。

 

20歳のときに感じた素直な感情は、日本の大人が『幸せそうじゃない』ではない。

 

『絶対こうなりたない』や。

似てるようで別物

 

すり替えてるから納得感がない

 

なんのためにするのか

それは自分の経験からくる

 

その経験をすり替えてた

そりゃ無理だわな

 

気付けてよかった

今日つくる。

 

手に数珠みたいなんつけてる人の話

昔から思ってたけど、なんなん?

 

オシャレなの?

明るい話

低迷期だ。

何に数回くる。

 

 

 

なんとかしようともがく。

 

孫さんの志高くを読む。

人生で最もドッグイヤーしてる本だ。

 

ドッグイヤーのとこを読む。

 

「60歳になって、事業を1兆2兆と数えられるレベルに発展させ、後継者へバトンタッチする。そこに行くまでのアップダウンは全て誤差だ。」

 

てなことが書いてて、

 

あーーーーそーだなーー

 

と心から思う

 

ようはビジョンが不明確すぎるんや。

だから目先の出来事に一喜一憂し、ブレる。

まずは自分がなにを目指すのか、それを明文化する。

 

そんなことを考えてるとこにこの記事

 

https://techsportsmeleap.wordpress.com/2017/01/30/vision/

 

ビジョンの明文化の基準がよくわかる。

 

おれも、金儲けしたいわけやない。

もっとおもろい社会にしたいんや

 

ビジョンを明文化する。

まず自分がワクワクでき、

人がワクワクでき、

目指したくなるものを。

 

心の渇きを言葉にするの

 

人は何かを求めるから、もがく。

もがけば求める。

求めるから情報が入る。

 

本当に不恰好なおれの人生やけども、自分の生き方は誇らしい

 

やれ

食え

f:id:kosuke19880801:20170130121614j:image

 

食う!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間後に追記

 

食った、多すぎて吐きそう!

でもエネルギーフルぅぅぅううううう!!!!!

 

以下、ビジョンを明文化してみた。

 

 

『誰もが幸せな人生を創造する』

 

人は何かを手に入れたときに幸せになると思っているがそうではない。

幸せは日々の中にある。

その根底にあるのは豊かな人間関係。

つながりこそが、生きる中で起きる喜びや楽しみを倍増させ、怒りや悲しみを半減させる。

その重要性はわかっているはずなのに、誰も教えてくれず、フルOJTのままだ。

うまく出来ない人はウツになり、楽になりたくて自殺する人も後を絶たない。

ここにダイレクトにメスを入れる。

LIFE MAPSは豊かな人間関係の築き方を伝え、出来るようになるまでサポートする。圧倒的な質と量で。

そして全ての人が死ぬときに「最高の人生だった!」と心から言えるような人生を創ろう。

 

 

 

 

 

 

ロジカルすぎるのかもしれん

もっとダイレクトに響く表現が必要。

 

人生は自分次第で見方が変わる。

 

おもしろきこともなき世をおもしろく

 

 

 

孤独の話

孤独だ。

 

心に強い負荷がかかってるのが自分でわかる。

 

完全に自立出来るのは大阿闍梨くらいだな。

 

孤独を一時埋めるために、一瞬の安らぎを得るために、人は依存する。

 

おれも例外ではない。

弱い人間だよかったと思う反面、強くなりたいと願う。

 

自分の中にいろんな自分がいる。

 

今日は、弱い自分のほうが勝ってる。

そういうこともある。

自分を否定しない。

言い換えると弱い自分を直視して受け入れること。

 

今日はまったくもって孤独だ。

誰かに依存したくてたまらん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20分後に追記

 

歩いたらモヤモヤがマシになる

運動不足だわ

 

ある程度自立したあとは、

適度な運動

いくつかのコミュニティの仲間

 

が大事だな

 

 

 

 

 

 

さらに3時間後に追記

 

いまだ孤独だ

 

ああ

そうだ

 

人は、弱い。

見城さんでさえ、イチローでさえ、きっと弱い。

 

だから鍛えて弱い自分と戦ってんやけど、それでもキツいときがある。

いや、細かく言うと弱い自分が出てきそうになるときがある。

 

 そのときに、

 

キツいときにキツいと言えて、ただ側にいてくれる人がいるということ。

自分にとって、帰る場所になる人がいるということ。

 

それは幸せだなぁ

 

辛いとき、弱ってるとき、支え合い、

嬉しいとき、喜ぶとき、より楽しい

 

そのために人は結婚するんだろうな。

 

これは友達の仲で埋められるものじゃないんだ。

そういう類のやつじゃないんだ。

 

帰る場所

 

というのは、場所のことじゃない。

人のことなんだ。

 

人は、帰る人がいることで強くなるんだ。

 

みんながみんなそうかはわかんない。

 

でもおれにとってはその言葉がしっくりくる。

 

『帰る場所になる人』

 

それがおれの結婚観だ。

 

おれは弱いから、女々しくて臆病だから、それが遠慮なく出せる人がいい。

 

好きになる人の前では、出してしまうけど、それはダサくて好かれない。笑

 

心が正直すぎて隠せない、だめ

 

おれがそれが出来る人は、みんな自分の弱さを知ってて、向き合ってて、受け入れて、前を向いてる人なんだ

 

心に影があるけど、前向きな人なんだ

 

そういう人はおれの知る限り本当に少ない

 

だからおれは人を好きになることが少ないんだ

 

ここがおれの課題か

女々しくて臆病な自分ごと受け入れてほしい

 

それはまずおれが、たぶんその人の弱さを受け入れることだな

 

うーん

書きながら違和感

そんなもんでない

 

婚活の現場に入ってて、よくそんな付き合ったり出来るよなーって思ったりする

 

おれは、一般平均からしてたぶん、好きになりづらいんだ

 

今まではそれが辛いときもあったけど、おれにとってはそれは譲ってはいけないところ

 

理想が高いというより、少ないんだろうな、単純に

 

ああ

 

言葉を紡げ、こうすけよ

 

いまのこのありのままの感情を言葉にすること自体がお前の財産になる

 

『帰る場所になる人』は、きっとおれもその人にとっての『帰る場所になれる人』だ

 

まず大切なこと

信頼できること

あとは自然体でいれること

 

15年も一緒に育ったミッキーといるときのおれの感覚でいれる人だな

 

うん

それがフィーリングなんやろうけど、

 

 

 

 

 

 

これはそうだな

本質的な気がする

 

自然体でいれること

そのためには、

①信頼できること

②価値観が似ていること

③なんの遠慮もしないこと

 

そんなとこが大事な気がする

この三つは密接だな

 

ああ

人生はなんて刺激的で退屈なんだ

 

おれはずーーーーーっと考えている

考えることがおれの人生だ

言い換えると苦悩している

 

おれはなんかもがいて、苦悩している人が好きだ

 

とどのつまり、変態だ、おれは

 

今夜は心が痛い痛い痛い

いまは強くなりたくなんかない

助けてほしい気分だ

すべてだれかのせいにしたい気分だ

投げ出して、楽になりたい気分だ

 

いまこれを書きながら、指を動かすことでかろうじて保たれている自我

 

心が痛い痛い痛い

だれか側にいてくれ

SEXなんていらない

ただ側にいてほしい

 

 

 

 

 

 

 

そう、そんな気分

映画でも観よう

映画はいい

 

観てるときはなんにも考えなくていいから

 

 

今日最後の追記

 

最高の人生のはじめかた

という映画を観た。

 

余命半年がわかったじいちゃん二人が、やりたいことリスト作ってやってくって話。

 

よかった。

 

1月乗り切る

 

 

 

 

 

 

2月13日追加

 

人は孤独だ

孤独が寂しさや不安を生む

それは人にとって強い負荷になる

 

だから人はなにかに依存する

依存とはなにか、習慣化された行動だ

酒、女、タバコ、飯、買い物、子供、

人は何にでも依存する

依存する対象は、変わらずそこにあるものだ

 

変わらないからこそ、それをすることで安心できる

依存は孤独からくる不安を埋める

 

でも全ては一過性だ

すべてすべて

 

おれは前は飯でだいたい片付けられてた。

でもついに来たか

孤独からくる不安を飯で埋められないときが

 

フロムいわく、唯一満たすものは愛

そうだと思う

心から信頼できる関係を築くこと

これができる人は少ない

できれば究極に満たされる

基準は相手の意思決定をそのまま受け入れられるレベルだ

 

いいなぁそれは

考えただけで羨ましいな

 

理想は本当に愛せること

全てのひとを

おれはまだそれが出来ないし

できる人なんていない

 

だから自分の中の基準を設ける

容姿の基準と中身の基準

言い換えると

目に見えるものと目に見えないもの

 

この二つの基準を設ける

これがないとズレる

妥協しては愛せない

 

 と、こういうことを噛み砕いて一般化しようというんだから、

 

いま自分で整理してて、おれは変態やと思う

でも絶対に必要

いまの世界に、これからの世界に

だからおれがやれ

もやもやの話

心にモヤがかかってて、寝れない。

 

アウトプット足りていなくて、苦しい。

そう、これは苦しい。

 

張り詰めすぎてる感覚。

一日、遠出しようこれは

 

 

 

 

 

 

考える

 

人の幸せは主観だ。

それは普段直接関わる機会のある周りにいる人たちとの比較で決まる。

 

おれの周りには、仕事、お金、男女、とくにその3つが良すぎる人が多い

 

 

 

 

 

 

おれは、28にもなり、派遣のおっさん3人と共に、家賃2.5万、部屋は1.3畳のシェアハウスに住み、

 

前職よりも給料の低い、婚活の現場に身を置き、

 

彼女もいないと。

 

 

 

 

 

 

 

そらモヤモヤするわな。笑

 

まず、自分のモヤモヤは健全や。

これを受け入れよう。

おれは、嫉妬している、あの人にもあの人にも!

 

やだわぁん

醜い自分だわぁん

 

でもしゃーない。

おれの心が身体が、そう言ってることは覆せない。

 

むしろちゃんと心と身体の声を聞いてる時点でえらい。

ということにする

 

まぁようは、おれのこのモヤモヤは健全やねんけど、

 

これに引っ張られてんのが嫌やねん。

 

 

 

 

 

 

 

解決するためにはまず彼女をつくろうか。

これが彼女ほしいってときな。

なるほど。

 

 

 

 

 

 

 

あかん。

飯食っても回復せん。

久しぶりのこの感覚。

そういうタイミングなのね、わたし

 

 

 

 

翌日に追加

 

おれにいま必要なのは、遠出ではない。

想いを同じくする仲間との合宿だ。

仲間を得るためには事業計画書をまとめる必要がある。

 

もう少し一人できばれ、おれ。

孤独に耐えろ。

飯食って誤魔化してでも。