鶴太郎さんの個展の話

還暦の個展にゆく。

 

よかった。

 

おれは好きなんだな。

鶴太郎さんの生き方、在り方が。

 

自分もこう在りたいと自然に思える。

歳は違えど、同じ時代に生を受けていること自体が奇跡的なことで、

 

それはきっと巡り合わせなんや。

 

気張って、世の中を良くしようとか、人を感動させようとか、

 

そんなことを考えてきた人生やったけど、そうではないな。

 

自分の心の声にいつも正直でいること。

心の声に応える努力をすること。

 

それが結果、世の中を良くしたり、人を感動させたりするんやな。

 

あらゆる物事には、意識無意識に関わらず目的が存在する。

 

でも、人生自体には目的はなくとも良い。

 

自分と対話して、自分の声を聞き、それを形にしていくこと。

 

それが人生を最大限楽しむコツなんやと思う。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと体調悪いから、寝る。

寝て、明日からまた始める。

 

なにを?

楽しい日々を。

 

 

心の在りどころの話つづき

心を奪われないように、

 

気にしないようにする。

 

その時点で既に奪われてるのだよ。

まったく。

 

心をいつもフラットに、ニュートラルに保つのは簡単なことじゃない。

 

簡単じゃないんやけど、おれはそうなりたいと思う。

 

いっつもなにかを目指してる。

それがおれのパーソナル。

心の在りどころの話

心が誰かに奪われてる

 

それが例え好きな人であろうとも、よくない状態だと思う。

 

負荷がかかってるから。

無理をしているから。

 

人は変われるけど、変わるのはいつかわからない。

 

人が変わるのを待つよりも、自分が変わったほうが早い、と考えるおれは合理的なんだろうな。

 

心がモヤモヤするよ。

醜い嫉妬心にモヤモヤするよ。

嫉妬心はその対象を自分のものにしたいというエゴの塊。

 

手に入れたい。

でも手に入らない。

 

だから執着する。

 

おれはまだまだ依存の輪廻の中にいる。

否定しない。

うけいれる。

 

おれはいまここにいる。

 

好きな表現集

秘密のにおいだ。

太陽がもったいぶって傾いていく。

森の奥に隠れる湖のように、透明な沈黙。

美しい人 美しい街 美しい時

声をかけることは心をかけること

勇気をくれる漫画の話

あさひなぐ

ブルージャイアン

ピアノの森

ベック

 エンジェルボイス

すごいことに気づいた話

恋愛において、心が痛むとき、

 

それはその理由を自分が知ってるときだ。

 

 

 

 

 

 

例えば、好きと伝えて、連絡が既読無視で返ってこないとして、

 

心が痛むやん?

 

それはでも、ダメなことを知ってるのよ。

知ってるから心が痛む。

 

 

 

 

 

 

 

自分の描いた理想通りに、現実が進みそうにないとき、人は心が痛むんだ。

 

恋愛で心が痛むのは、それは原因が100パーセント自分にしかないことを、みんな知ってるからかな

 

仕事やったら、他人や会社のせいにできる

 

でも恋愛はみんなほんまは自分のせいやと知ってんねん

 

だから痛むんやな。

 

おっきい発見したわ

 

同時に関西弁なっとる。

いろんな自分がいて悩む。

自分を知るということ

あさひなぐ

 

という漫画を読む。

薙刀部の女子高生の話。

 

おもしろくて引き込まれる。

 

 

 

 

 

 

 

しょうこは旭が上手くなり試合に勝つことを喜んでた。

それはしょうこが旭を見下してたから。

 

 

 

 

 

 

 

おれは、しょうこだ。

自分が強く在ろうと願えば、強く在れると信じていた。

 

誰かを見下すことで自分が大きいと信じていた。

 

でもほんとはそうじゃない。

なにかを成したから人は強いんじゃないし、おっきくもないんだ。

 

自分は特別な存在じゃない。

頭ではわかっている。

 

どうすれば抜け出せる?

特別な存在になりたいんじゃない。

おれは楽しく生きたいんだ。

 

自分のこと、わかってたつもりやったけど、全然わかってない。

 

気づくことが多い、ほんとこの漫画は。

 

たぶん一生この繰り返しなんやろうな。

パートナーが、友達が、仕事が、漫画が、映画が、本が、世界中の全てが、

 

自分とは誰なのかということに気づかせてくれる素材。

 

 

 

 

 

 

 

自分の姿は鏡の前でしか知らない。

おれは普段どんな顔をしてるんだろう。

 

楽しい時

嬉しい時

悲しい時

怒ってる時

 

どんな表情をしてるんだろう。

 

部屋の掃除をすると決めてたのに、あさひなぐを読んで寝ようとしてる。

 

あーあ

と思う自分がいて、

 

というか正確には、「おれはもっとできるのに」と思ってる自分がいて、

 

自分を特別だと思ってるのが基準なんだと気づく。

 

 

 

 

 

 

 

ちがう。

ちがうちがうちがう。

 

おれは元々強い人間なんかじゃなくて、 部屋の掃除すらも決めて出来ない人間なんだ。

 

 

 

 

 

 

ああ

そうだよ。

おれは臆病で、女々しくて、弱い。

それを結局受け入れきれてないんだ。

 

強がってハッタリかまして、自分を大きく見せて。

 

親にだいたいのことを与えられて育ってきたおれは、いまだに自分が世界の中心にいるという思考から抜け出せないでもがいている。

 

そんなことはもうやめる。

いや、だからそもそもやめるって言えるほどおれは強くないんだよ。笑

 

でもやめたいの!

あと、強くなりたいの!

 

しょうこのように。

あさひのように。

 

おれも強くなれるかな?

どこまでいけば自分を認められるんだろう。

 

なにかを目指すのがおれは好きなんだな。

 

いや、正確には、なにかを目指してる中で、自分を知ることが好きなんだ。

 

だからチャレンジするんだな。

そうか。

 

お前はもう弱いこと知ってるな。

だから何か目指すんだよな。

 

恋も、仕事も、人生も。

自分を知るってことは幸せなことなんだ。

 

 

 

おれも強くなれるかな。

偽りの強さじゃなくて、本当に強くなりたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月までと決めたけど、そんなことしてる場合じゃないな。笑

 

もっとチャレンジする。

アクションする。

 

考えてから動くんじゃなくて、

動いてから考える。

 

急には変わらないけど、一歩ずつなら変えれるよね?

 

もっと強く、優しく。

好きな人に惚れられるくらいになりたいんだおれは!

 

それは仕事が出来るとかじゃないんだ。

自分を知るってことなんだ。

 

ヨガをしよう。

ボクシングでもいいかもしれない。

 

もっと自分を知ろう。

人に求める前にまず自分からだな。これは。

 

幸介、おきばりやす。

今日はもう寝て、明日にしな。

 

 

明日から走ってみようか。

毎日。

習慣とか決めてたけど、走ることだけ。

何キロでもいいから走る。

 

ただそれだけをやってみる。

はぁ

 

1歩進んで2歩下がる人生だな。

月並みやけど、それがおれかー

 

がんばるよ。

自分の答えは自分にしかだせないもんな!

 

じゃぁ、おやすみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐに追記

 

チャレンジを増やそう。

マラソンも登山も、そしてサハラも。

 

逃げたくなるのも自分が大きいけど、向き合う

 

それだけ。

人生をたのしむんや!あとは^_^

 

おやすみー

 

 

 

 

 

 

 

翌朝追記

 

7時に起きてランニングにゆく。

今日も世界はピースだ!

 

 

 

 

 

翌週追加

 

会社の先輩に注意される

目的がないところを差し置いて、注意されること自体に嫌気が刺す自分がいる

 

まだ見下してるのやな。

見下してる相手から言われるから嫌気がある

 

直したい。

焦らずにゆけ。