結婚という奇跡

結婚するって奇跡だわ。

だってね、私もう27歳になったけど、27歳にもなったら、そもそも人を好きになりづらくなるわよ。

それはきっと、生きてきた過程の中で、その女性が自分に合うかどうかの物差しが出来上がってくるからだと思うけど。

だからね、人を好きになること自体が少ないわけね。
そんな中でたーまたま好きになった人が、たーまたま自分を好きになってくれる確率ってのは、限りなく低いと思うわけ。

だってお互いが好きになりづらいんだもの。
私の感覚でいうと、オーバー26の男女よ、人を好きになりづらくなってくるのは。

アンダー26の子たちは、なんやかんや勢いで好きになれる。
現に私はなれてたわね。
ちょっときれいな人がいると、すぐに「好き」の部類に入れてたわ。
若い頃は何人も好きだったころもあるし。
何人好きになっても許されるくらいモテたときもあったのよ、昔は。

でもね、そんな私でもオーバー26くらいからはもう、なかなか人を好きになれないの。
残念だけど。

きっとこの先、28、29、30と、歳をとるごとにきっと人を好きになる回数は減ると思うわ。
だって自分の意思に反して、無意識のうちに物差しがどんどん固まってくるから。

でも私は嫌よ。
私は恋をするわ。
いくつになっても。

職場も地元も興味がない私は、新規開拓するしかないの。
だから臆したら負けよ。
少しでも好きになれそうな人を見つけたら、即アタックしないときっと幸せなんて掴めないわ。

私が培ってきた物差しは、この先、確かに人を好きになる回数を減らすかもしれないけど、逆に運命の人に出会える精度は物差しのおかげで高まってるはずよ。

自分の物差しを信じなさい。
そして、物差しが敏感に反応した瞬間を逃さないこと。
その一瞬に勇気を出すのよ。

逃げずにがんばりなさい。
わたし。

結婚という奇跡を起こすために。