読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・あなたの前では何も隠せない。隠したくない。

うあちゃらぁぁぁ。
またやらかしました。

恋のむき出し。笑

どちらかというと左脳型の、ロジック型の、妄想して戦略練る型の、

そんなおれの今までを全部ぶっ壊して、日常生活ではほぼ出さない、湿っぽいおれを引き出すあなたは何なの?

あなたの前では、おれは打算的なことが一切出来ない。
そして打算的なことを抜いたおれはとことん湿っぽく、湿っぽさの正体はどこまでも女々しく、どこまでも臆病だった。

でもきっと、おれという人間の本質がそこにあると確信する。

皆さま、幸介のことをどのように捉えてらっしゃるかわかりませんが、ほんまの幸介はどこまでも女々しく、どこまでも臆病な人間でした。
知ってたという人はすごいね。笑

まぁ彼女と出逢ってまだ1ヶ月と少し。

幼い頃から着込んできた鎧のような、見せかけの自分の殻のようなものを、一枚一枚剥いでいかれてる。

いや、おれが勝手に内省して剥いでいってるんやけど。笑

そのおかげで見えてきたおれの本質。
どこまでも女々しく、どこまでも臆病。



嫌やぁー!!!
おれという人間の本質が女々しくて臆病て、嫌やぁー!!!笑
だせぇよぉ。
すげーだせぇよぉ。笑


でも間違いなくそれは他でもないおれやねん。
おれがそれを否定してしまったら、おれという人間はもうどこにもいけない。

本音を言えば、おれの本質はもっと強く、逞しく、優しくあって欲しかったよ。
だってさ、その方がかっこええやん!!

でもちゃうかったなー。
どこまでも女々しく、どこまでも臆病やった。

うぁちゃぁぁぁあ
父さん、母さん、女々しく、臆病な遺伝子をありがとう!

受け入れるしかないわ、これは。
半端ない試練やで。

でもこれ受け入れたら、ものっすごい強みなるわな。
なんとなく、それは確信としてある。

よっしゃ、こいや!
どこまでも女々しくて、どこまでも臆病なおれの本質!!

おれという心と身体は、お前を100%受け入れて、お前と共に前に進む!!
おれはもうお前を奥に隠したりしない。
いままで悪かった!

よしっ
オーケーオーケー。

ほんまおれ、自由やな、ここの文章。
思考プロセスをそのまま吐露してる。笑

人としての本質がおれみたく、女々しくて、臆病なやつは世の中におるやろ。

でも、そこに真正面から向き合って、受け入れて、強みに変えれるやつはそんなおらんやろ。

今日もおれの思考整理に付き合わせてごめんよ。笑

まぁまとめるとやな、いつからかは覚えてないけど、隠し続けてきたおれの本質を、ナチュラルに引き出させる魅力が彼女にある。

だからおれは、彼女が好きや。

どこまでも女々しくて、どこまでも臆病な、自分の本質に気づかせてくれた。
だから好きやねん。

好きの理由、おかしいかな?笑
いや、おかしないおかしない。

でもこれは、人として好きなのか?女性として好きなのか?

と考えてみたけど、おれは人として好きなのは前提で、女性として彼女を好きやから、その中に自分の本質を見てるんやと思う。

人としては尊敬してる。
そして女性として、大好きである。
これが今回の結論なり。

暖かい国に行って隠れたい!です!