読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりとめのない話

読ませる気のない回です。
グダグダしてるだけなので、見るなら悪しからず。





今日は日曜日。
外は雨模様であんまり出掛けたくないな。

お昼ご飯を何にしようか考えている。
一食一食の食事が、いまは大事に思える。

コンビニのご飯を、会社のPCを見ながら食べるのは、いまのおれには信じられない。

でもわかってきた。


会社の採用において大事なことは理念への共感だけでない。

理念を含めた、価値観に共感できるかどうかが大事だ。

おれはご飯を食べるときは、ご飯を食べることを考えたい。

これが自分の身体をつくっていくんだなーとか考えながら、一口一口食べたいの。

でもコンビニ飯を、PC見ながら食べることのほうが自然だと感じることもありなんだよ。
現代社会はだいばーしていだから。

採用の段階でそういう、健康や食事、個人のライフスタイルを含めた価値観が合うかどうかまで、本当は見れるといいけど、

なかなかハタチそこらの人間はそこまで明確な価値観がない。
1社目に入った会社に合わせようともがく、その中で見えてくる。
自分の価値観のものさしが。

価値観が曖昧な会社に入ると、おそらく自分の価値観も見えづらい。

ここまで明確に価値観で縛ってくれると、自分の中で合う部分と合わない部分が明確にわかれる。

合う部分はそれでいいじゃんね。
じゃぁ合わない部分をどうするかっつーと、そこで意味付けって言葉が出てくんだけど、

おれはいままで、頑張って合わないところも意味付けしてきたと思う。

でももう、やめたんだよ、意味付けするのはさ。
意味付けする先に、おれの幸せはないという確信。

うんー

そだな。
結局さ、相性だ。

だから、最後は自分に合う環境がなければ、自分でつくるか、フリーで働くか、選択しなければならない。

いずれにせよ、その選択肢をいつでも選べる強さを持たないといけない。

じゃないと、自分の価値観に合わないとわかったときに、自分の心を殺すことでしか生きられない人生がある。

自分の心を殺したり、見て見ぬフリして生きれる人はそうでもいいかもしれない。
というか、勝手にそうしとけ。

いや、ほんまは全然良くないねんけど、そのほうが居心地がいいと感じる人が大多数いるのが日本の実情だろう。

そこに対して意味付けして、それも日本の良さだよねー

とか無理くりポジティブに捉えようとする奴は死ねばいいと思う。ほんまに。笑

ポジティブに捉える必要があるのは、仕組みや環境や文化のことではない。
個人の葛藤の処理についてである。

ポジティブシンキングは賛成だ。
けども、仕組みや環境や文化にまでそれを適応しようとすることは愚行じゃないか?

まぁま、思うところはいっぱいあるけど、おれには無理なんや。
どこまでも湿っぽく、臆病なおれは、ひょうひょうとして生きたい。

自分の心に従って生きるには覚悟と強さがいる。

それは一朝一夕では身につけられないんだろ

だから準備する。
備える。

理想の自分を描き、描けなければ本読んで、
どうすればそうなれるか考え、考える観点がなければ本を読み、
どうすれば実行できるか考えて実践する。
それも出来なければ本を読む。

人生で学ぶべきほとんどのことは過去の誰かが既に解決して本にしてる。

本読めや。
なんか不満あるやつ。
なんか腹立ってきたわ。笑

大事なことは自分に合った価値観の人からインプットすること。

合う合わんがわからんと思うなら本を読めばいい。

人生、仕事、恋愛、
あらゆる物事に対するものさしを明確につくりあげていく。

自分のものさしを持たないと人は結局、人のいいなりの、受身の人生。

日本では30なったらもう遅い。
気付きにくくなるんだろうな。
いままでやってきたことの重みを感じて、捨てられなくなんだろうな。

やだなーやだなー

自分はスパーッと高みにいこう。

やっぱり30までの2年ちょっとが大事だ。

明確な計画を立てて、動こう。

ビアーッと!

この記事はそのうち消すかもしれんけど、消さんかもしれん。

昼飯なににしよ。
スーパーに行って、身体の声をきくことにしよう。

毎日、真剣に、自分と対話するのだす。
だだす!!

あっ眠いや。
ご飯食べて、お昼寝しよっと。