分人

個人という分け方自体が輸入されたことば。

個人の中には、さらに分人という分け方を見出そう。

この前提を持つことで、弱い自分を受け入れやすくなる。


以下、整理してアウトプット。

会う人によって言動が違う。
日によってテンションが違う。
アウトプットする媒体によって、性格が違う。

一人の個人がやっていることではあるが、個人の中には様々な人格(分人)が存在する。

年齢や経験によって、その人格の比率が違うため、その時々によって主人格が異なる。

人格は自分の意識下で変えているのではなく、多くの場合が無意識下で変えているため、

主人格を意識的に変えることは容易ではない。

主人格を変えるために必要なことは、変えたい人格の習慣へと変化させないといけない。
無意識下に刷り込む。

だから日々の習慣形成が大事。

でも日々の習慣形成を続けるために必要なことがある。

それは願望と、その願望を描くキッカケとなった原体験。

経験則上、原体験の欠けた願望は、本当の願望ではないため、習慣形成することは難しい。




心を感動させ、日々の習慣を変えることで、自分の中の主人格を変える。

これは前提として、自分の中にいる様々な自分を、全て自分だと受け入れなければ成り立たない。

女々しい自分
臆病な自分
怠惰な自分
孤独な自分

自分の中にある、弱い人格を受け入れることは、それだけで勇気と強さが必要。

でも、個人の中に様々な人格がおり、その構成比率が違うと考えるだけで、気持ちは少し楽になる。

本当の勇気が試されるいま。
本当の強さが試されるいま。

幸介、27歳の春

アウトプットがやっぱ大事やわ。