残さないといけない心情

やっぱりおれは、どうせ生きるなら、魂を揺さぶるような仕事がしたいと思った話。






かつて、恋に落としてくれた女性の舞台を観に行った。


感想は、ものすっごくいい意味で、全然心に響かんかったんやけど、でも確実に、誰かの魂を揺さぶってる。

そんな舞台やったと思う。






原案者の中村うさぎさんが伝えたい対象へのメッセージ、

舞台を構成したまいきーさんが伝えたい対象とメッセージ、

その二つが深いレベルで一致してるからいいんやと思う。

あとはもちろん、その目的を汲んで表現する出演者たち、

細かなところまで全てに意図があることを思わせる。
シンプルに素晴らしかった。

素晴らしかったとかゆーたら、なんか上から見たいやねんけど。笑
まぁよかったんや。






舞台を観て改めての確信したことは、

全ての人を満たすことは出来へんと事実。

誰でも共感できる、普遍的なものでは、結局誰の魂にも届かない。

自分が伝えたい対象は誰で、なぜその対象なのか。

また、なにをどのレベルで伝えたいのか。

そういうことを最初にちゃんと描かないと、

魂を揺さぶることなんて、むっちゃハードルの高いことは出来ひん。

かと言って描いてばかりやと頭でっかちになって行動が伴わない。

常にそのバランスで揺れる幸介である。

あとは、やはり彼女はステキな女性だと思った今日の心情である。







電車に乗って、目の前の席に、

70歳は超えているだろう、ばあちゃんが、

むちゃくちゃ着飾ってスマホいじってるんやけど、

そんな人生もまぁ、いいかと思う今である。

人の人生にとやかく言う権利は誰にもない。

同時に、自分の人生は100%、自分で責任を取るしかない。

魔女か姫か、どっちの人生がいいかというと、おれは両方やなぁ。

欲張りなんやなぁ。