トト姉ちゃんの話

朝ドラでやってるトト姉ちゃん。

 

編集長役の唐沢寿明が、

 

広告を冊子に載せたトト姉ちゃんに激怒し、

 

編集長の座を降りたシーンがあった。

 

理由は一回でも広告を入れると、広告主の言うことを聞かなくてはならない可能性がでるから。

 

トト姉ちゃんは広告主に対して、 言うことは聞きませんと言ってらしいけど、

 

唐沢寿明から言わせると、甘すぎるとのこと。

 

トト姉ちゃんは出版するためには広告を入れるしかないと考えてたが、

 

おれも、唐沢寿明派である。

 

 

 

 

 

事業において、一回でも利益重視の意思決定をしてしまうと、

 

たぶんもう戻れない。

 

一回金持ちになった人が生活水準を下げることが出来ないように。

 

 

 

 

 

人は易きに流れる。

 

大事を成すためには、一度も意思決定に妥協してはいけない。

 

そこには間違いなく、真の強さがいる。

 信念がいる。

 

 

 

 

 

恋愛カウンセラー

恋愛ドクター

恋愛アドバイザー

 

このジャンルの人のブログや情報を見ていると、明らかに信念はなく、どの角度で切り取っても、表面的な技術に偏った、金儲けにしか見えない。

 

かといって、多くの人が表面的な技術に興味があるのも事実である。

 

 

 

 

 

いま必要なのは、おれの社会的な認知度。

 

ブログ、ツイッター、インスタ、FB、

 

その他様々なツールを使って、認知度を上げる。

 

そのためのコンテンツを考えないと。

 

 

 

 

 

2年。

 

30歳になるまでが勝負。

信念を貫き通すだけの、実力をつけなければ、誰にも声は届かない。

 

 

 

 

 

 

8月3日追記。

 

トト姉ちゃんが自分の非を認めて、広告を断りに行った。

 

朝ドラで感動して、泣きそうになった。

 

志を掲げるにはキッカケが必要。

志を遂げるには信念が必要。

 

それを特別視するのではなく、自分の人生の一部とすること。

 

社会のインフラを変えるほどの新たな価値は、叩かれることと心得る。