女性の「清潔感」と男性の「デブ」は同意語な話

派遣のバイトはおもしろい。

 

バイトで一緒になったカトウさんと、梅田ヨドバシの前でイベントを行う。

 

計5日くらい共に働いていたのだが、朝から晩まで、

 

「綺麗な女性がいれば報告しあう」

 

という大学生のような暇つぶしをしていた。

 

人通りはクソ多い。

 

5日間で計10000人くらいの女性をチェックしただろうか。

 

ほとんど女性の趣味が被る、幸介とカトウさん。

見かけだけできれいだと感じたのは、きっと50人にも満たない。

 

2人で出した結論がある。

 

それは、『デブな女性はそれだけでナシ』という、女性からすると残酷なものだ。

 

ちなみに、男性がデブと表現するものの中には、ポッチャリも含まれている。

 

男性にとっての「美」とはすなわち、「細さ」が前提として存在する。

 

「細さ」の上に、髪型、化粧、服装、などが乗っかり、「美」は高まっていくが、

 

「細さ」がなければ、髪型も、化粧も、服装も、全て意味がない。

 

デブが努力しても、次のステップに進むことはない。

 

 

 

 

 

その一方で、女性にとって重要なことは「清潔感」である。

 

清潔感のない男性は、男性の「デブ」と同じ意味を持つ。

 

つまり、清潔感がない男性は、それだけで次に進むことはない。

 

そして女性の言う清潔感には、体型、体臭、髪型、髭の有無、服装、姿勢など、複数の要因が前提として存在する。

 

が、しかし、これらは男性のいう「デブ」に比べると、基準としてはそこまで高くない。

 

むしろ、最低限の清潔感さえあればOKである。

 

 

 

 

 

 

女性のいう清潔感。

男性のいうデブ。

 

もちろん全員がそうではないが、ほぼほぼ9割がそうだと思う。

 

これを本当に理解することが、婚活をするなら重要であるが、これを頭で理解しても、根っからのデブと、根っからの清潔感ナシ野郎は、心では理解できないだろう。

 

 

 

 

 

 

そこで書きながら思ったが、スライドに男女の写真を表示させて、男女複数名で、100人くらい「ありかなしか」言い合う研修があればおもしろいと思う。

 

それだけでこの事実を受け入れやすくなる機会になりそう。

 

どうかな?

コメント求む