読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単純思考アウトプットの会

最近考えていることは、

 

起こす会社の大枠の方向性である。

 

具体的にいうと、上場を目指すのか、非上場でいくのか、という大枠についてだ。

 

ちょうどDeNA南場智子さんが書いた『不恰好経営』を読み直した。

 

この本は、出版されたタイミングで縁があり読んだが、そのときはあまり心の琴線に触れるものはなかった。

 

でも今回読み直して、自分のステージというか、視野の広さと視座の高さが、本の内容を理解するだけではなく、自分ごととして捉えて読めたことで、

 

かなり琴線に触れた。

 

特に琴線に触れたのは、社員の離職に対する言及をした次の一文。

 

 

 

 

 

 

『組織に属さず、プロジェクト単位でゆるやかに繋がっている元社員もいる。会社と個人の関係はそんなに固定的でなくてもいいのかなと思う。帰属より、信頼関係と仕事の質が大切だ。』

 

 

 

 

 

前職では、どうやって企業に対する帰属意識を高めるか、ということに尽力していたが、

 

それでは他社でも活躍できたり、独立する力がある、社会的に優秀な人材は離れてしまう。

 

また、会社内の役職はそのまま人としての価値を測る基準となっており、文字通り、役職者のほうが、エライのである。

 

たしかに、これまでの社会で、かつ、中小企業という枠で捉えたときに、一つの成功例なのかもしれないが、

 

これからもっともっと、文字通り開国していく日本においては、もはや古い考えであることは否めない。

 

 

 

 

 

 

南場さんは社員が会社を離れることを応援する。

 

会社内の役職は、人としての価値を測る基準ではなく、役割の違いだと言う。

 

そして出戻りの社員でさえ、暖かく歓迎する。

 

 

 

 

 

 

前提として、経営に正しさなんてないのだろう。

 

でも、経営の目的の一つに、社員の幸福を含めるのであれば、

 

時代によって変わる、『幸福の定義』に合わせた仕組みを整えなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

本当に優秀な人材が、最終的に働きたいと思える環境をつくり、時代に合わせて調整し続けること。

 

そして、独立や転職のチャレンジを応援し、出戻りを歓迎する社風をつくること。

 

それは重要。

 

企業は人なり。

 

人を科学し、あらゆる価値観を持つ人が幸せになれる組織をつくることが、もっとも重要な戦略である。

 

 

 

 

 

 

で、いまんところ、上場をする必要を感じている。

 

もう少し情報が必要か。

 

上場することと、非上場のメリットとデメリットを、現場にいる人の声を聞かなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

いまはみぎすけの愛猫、ちくわの世話をしている。

 

初めて知ったことがある。

 

おれは重度の、猫アレルギーだ。