読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極上のネガに当てられた話

お客様の対応でミスし、極上の罵詈雑言を頂く。

 

この人は、平気でなんに対しても無理といい、平気で人に対して嫌いと言う人のネガ。

 

自分がびっくりするくらい引っ張られ、一日中ネガになる。

 

言動から、言葉を一切大切にしていないことがよくわかる。

 

孤独死する姿が見える。

ほんまに、容易に想像がつく。

 

でもこの手の人たちはほんまに、たぶんおばあちゃんの年齢になるまで気づかない。

 

正しさを握りしめ、正しさから逸れているものは全て敵とみなす。

 

あなたの正しさから出る言葉が、どれだけ周りの人を傷つけ、

 

そしてどれだけ自分を傷つけているのかわからないのだろう。

 

言葉には魂が宿る。

 

人が幸せになる上で、大切な前提のひとつだ。

 

言葉をポジティブにすること。

その価値に気づき、意識して変えていくだけでも人生はいくぶんか豊かになる。

 

まずここか。

なるほど!!

 

ありがとう。

 

無理

という言葉には、出来ないという正しさがおもっくそ込められてる。

 

 

 

 

 

 

EIKO先生のストレッチで小さな自信を形成し、

 

言葉をポジティブにすることで、自己概念を高める。

 

 

 

 

 

 

きたこれ、二本立て。

誰でも、思いさえあれば、取り組める。

 

これは組みこもう。

 

 

 

 

 

 

 

アカン、それにしてもほんまに疲れた。

 

 

ここまで人を疲れさせることができるのは逆にすごいな。

世界の名拷問リストに加えろ