読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人と性と、その狭間の話

韓国人の友達に、フェミニストとはどういうものかをレクチャーしてもらう。

 

シンプルに言えば、性差別をなくしたい人のようだ。

 

その定義で言えば、おれがやりたいことは真逆である。

 

男はこういう傾向にある。

女はこういう傾向にある。

 

ということを明示し、その違いを認めた上で、お互いに歩み寄ろう、というものだからだ。

 

それはすなわち、男女の違いを顕著にするものであり、フェミニストの人がもつ姿勢とは真逆なのである。

 

だからおれはフェミニストではない。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、おれは『結果として』そういった差別や違いのない社会をつくりたい。

 

男女の前に『人』である。

男性が多い社会では、女性は冷遇される。

ただ、女性が多い社会では、男性が冷遇される。

 

冷遇すること自体は、男女の問題ではなく、そのひと自身の『人として』の問題だ。

 

 

 

 

 

 

男性はこうあるべきだ。

女性はこうあるべきだ。

 

べき

という言葉には正しさがある。

 

言葉は、男性はこういう人が多い。

女性はこういう人が多い。

 

というふうに、個人を指し示す理論でなくてはならない。

 

スタンスはフラットに中立に。

べき、を主張する理論に、未来はなし。

 

言葉は、本当に大切なものだ。

こだわりすぎて損はない。