読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミュニティの話

大手やベンチャーがこぞって参戦しているのを見てわかるように、

 

恋愛における、最大の顕在ニーズは『出会いがない』である。

 

これはシンプルに出会う機会がない場合もあるが、

 

多くは出会いがあっても、結婚するに値する異性との出会いがない。

 

もしくは、本質的には、出会う勇気がない、ことである。

 

 

 

 

 

婚活市場が盛り上がり、ティンダーが世界的に出会いの機会をつくり、日本でもSNSを通した出会いが、

 

徐々にであるが認められつつある。

 

 

 

 

 

 

かのように見えるが、実際は日本は世界に比べてそうでない。

 

アムウェイに代表されるネットワークビジネスへの偏見がなくならないのと同じように、

 

男女の差別がなくならないのと同じように、

 

ネットでの出会いや、婚活での出会いに対する偏見は、

 

社会的に良くないものだ、という目的のない前提が、

 

日本人の正しさや、価値判断基準をつくる。

 

 

 

 

 

ようは、いくらネットでの出会いが普及しても、偏見はまだまだ続くというのが、幸介の見解だ。

 

 

 

 

 

 

いま本当に必要なことは、出会いを目的にしない出会いの場。

 

しかも、男女がなにか同じ体験をして、ある程度素の自分が出るような場をもっとつくりたい。

 

ただ、今までコミュニティをいくつか運営してきた経験として、

 

最も重要なことは、ホストとなる人間の動機と、その人への信頼である。

 

 

 

 

 

 

 

一番いいのはランニング。

 

準備がまずいらず、参加の垣根も低い。

ストレッチと同じや。

やる気さえあれば、お金もかからん。

 

 

ホストは、アシックスとナイキの社員、あとはライフパートナーズの社員でまわす。

 

関東の主要な駅で、週に4回ほど開催する。

 

日本一のランニングコミュニティ。

 

 

 

 

 

 

ランニングのコミュニティサイトはあるが、個人運営のものしかない。

 

ホストも、自由に集め、自由に解散する。

 

そうでなく定期的に参加できるコミュニティをつくる。

 

自然な出会いを創出する。

 

 

 

 

 

コミュニティの参加者からお金はとるのか?

それはとれるな。

月額制にしよう。

その代わり、どこのランニングコミュニティに参加してもいい。

 

月額500円くらいで、ランニングの着替え施設も使えるようにする。

 

ランナー同士がつながる。

そこにまたひとが入り、

 

ライフパートナーズの社会的な知名度の向上につなげる。

 

 

 

 

 

 

 

 

いい。

イデアとしてはいい。

志や目的ありきでしか思いつかんと、我ながら感心すると同時に、

 

形にせななんの価値もないと思う。

頭の中にあるうちは全部傑作や。

 

 

 

こっから詰める。

詰める詰める詰める。

 

いまいい。

毎日詰めてる。

 

おれは歩みが早いわけでない。

でも前に見た化石ハンターのように、一歩ずつ、毎日着実にゴールに向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずいまから走りに行く。

 

頭が走るときは心も走る。

ついでに体も走らせてくる。

 

走りたくなるとき。

それは幸介の小さな転換期。

 

くすぶってたものがスタートする予感。

おれはこの感覚を知ってる。

 

あとはうまく、自分をこの波に乗せる。