読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きる意味の話

2014年に放送された、『僕がいた時間』というドラマがある。

 

テレビを見ないおれが、勧められて観たドラマ。

 

久しぶりに最終回を観た。

http://m.pandora.tv/?c=view&ch_userid=hoshipi324&prgid=s51409276?ref=mfooter&lot=pcv

 

主人公はALSという病気で、徐々に筋肉が弛緩していき、最後は死んでしまう。

 

学校から講演を依頼され、病気が進行しているため、車椅子姿で学生に講演する。

 

 

 

 

 

 

病気になる前は、自分が生きる意味を考えなかった。

 

大学4年生のときに友達が自殺したが、『死』は自分とは無関係のものだと思っていた。

 

でも病気になって、自分が生きているだけで周りの人に世話をかけていると思った。

 

そこで考えた。

 

生きるってなんだ?

死ぬってなんだ?

 

どちらも辛い。

どちらも勇気がいる。

 

でも生きることに決めた。

 

病気は多くのものを奪ったけど、与えられたものもある。

 

それは愛。

 

家族からの愛。

彼女からの愛。

 

そして人生の目標をもった。

 

医学部に入ること。

あとは、もっと多くの人に自分の話をしたいこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを見て改めて思った。

人が本当に幸せになるために、まず取っ払わないといけない前提は、『自分がいつまでも生きる』だ。

 

その前提があるからこそ、平気でやりたくもない仕事をし、健康を損なっても無視し、人間関係を壊す。

 

この前提だけではないが、たぶん、そうだ。

 

そう。

おれはたぶん『死』というものを受け入れている。

 

命あるものはみな死ぬと、少なくとも理解していて、頭の片隅にある。

 

だからミッキー世話をするのはおれの中で優先順位が高い。

犬は『死』が人よりも身近だ。

 

うんー

受け入れてはないのかもしれない。

 

でも、向き合っているのは確かだ。

 

 

 

 

 

 

こないだ、友達と劇を見た。

http://www.kuzukawa-shichosha.jp/bui/

 

戦中を描いたストーリーのテーマは『死』

 

画家の主人公が、結核にかかって死に行く妻に向き合う様が演じられた。

 

舞台のは、妻が事切れ、主人公が『おいー!!死ぬなー!!!!』と、溢れんばかりに咆哮するシーンで終わる。

 

4時間にも及ぶ舞台。

その迫真の演技に、多くの人が共感して泣き、会場はスタンディングオベーション

 

おれは一人、共感できずに立っていた。

 

感情移入はしていた。

でも共感は出来ない。

 

おれは愛する人の死を、きっと否定しない。

その人が生きてきた人生を全て肯定し、受け入れ、安らかに眠りについてほしい。

 

劇で演じられた主人公とは、おれはとる行動は真逆だ。

 

だから、共感ができなかった。

 

もちろんおれがエライとか、正しいとか、そういう類の話ではない。

 

ただ、マイノリティなだけだ。

 

 

 

 

 

 

いや、おれはおれのほうが正しいと心で思っている。

 

生きる意味

死ぬ意味

 

そこを無視せずに向き合っているならば、『死』というものはそこまでこわいものではないはずだ。

 

いや、『死』はもちろんおれもこわい。

でもそれは死ぬこわさよりも、『死』というもの自体が見えないこわさやと思う。

あとはいままで出逢ってきた人と別れるこわさか。

 

正直なところ、そんなこと考えないほうが『楽』だ。間違いなく。笑

 

人は楽したいのか。

おれもしたいわ。

 

でも楽したいことと、自分の人生と向き合わないことはイコールでないな。

 

 

 

 

 

 

なんのためにおれは生まれてきたのだろう。

おれに出来ることはなんだろう。

 

一度きりの人生だから。

志高く、これをやったと自分自身に誇れる人生を送りたい。

 

人の人生の価値はいくら稼いだかじゃない。

どれだけ、自分、家族、大切な友人、社会にいい影響を与えられたかで決まる。

 

 

 

 

 

 

高校の友達の結婚式に参加するために京都に向かう新幹線に乗る。

 

この2ヶ月で結婚式に4件、招待してもらった。

 

呼んでもらうこと自体がありがたい。

結婚式はおれにとっては、価値ある娯楽だ。