読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つかれた話

結婚式で大阪に帰る。

 

実家について、肩の力が抜ける。

文字通り、肩の力が抜ける体験は初めてした。

 

逆に、それだけ東京での生活に緊張感があり、日々張り詰めていたということ。

 

接客にも出てないのに、これだけ人を張り詰めさせる現場の人間関係ってなに?

 

 

おれはやっぱり、正しさを押し付ける人は嫌いだ。

 

正しさを押し付ける人は、自分の弱さと向き合ってない。

 

人をこれほど消耗させていることにも気づかない。

 

だって自分が正しいんだから。

 

 

 

 

 

 

疲れた、ほんまに。

疲れた自分に気づけて良かった。

 

自分から目を背けない。

 

もっと心と身体の声を聞こう。

 

何度でも立ち返ろう。

 

ゆるくいこー

 

 

 

 

 

 

 

でもいまは、ほんまにつかれた。

 

 

 

 

 

翌日、追記。

 

何人かに助けを求め、多くは激励される。

お前は才能があるんや!がんばれ!と。

 

おれだって、ただ話を聞いてほしいだけのときもあるのに。笑

 

まぁそんな中でも、

 

バスやけどがんばって寝て、朝日浴びたらセロトニンでるから元気なるよ!

 

って友達の一言にちょっと救われる。

 

人を良くすると書いて、食

 

どん兵衛食って寝たら元気だわ。

 

あとは朝、孫さんの講演きいて、言葉がもう全部刺さる。

https://m.youtube.com/watch?v=mSLVUnwG1dg

 

人は、信頼してる人の言葉なら、全部刺さるんや。

 

どうやって人の信頼をつくれるかが全て。

 

やるぞ、また今日から。

志高く