読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男側のSEXの技術の話

性欲とSEXの技術は、明確に反比例する。

 

アダム先生は、男性のオーガズムを射精におく独りよがりなSEXではなく、相手がよがり狂って絶頂を迎えることをオーガズムとする理論、通称スローセックスを体系立てた。

 

それはSEXに対する考え方だけでなく、具体的なSEXの流れやその中で使う技術にまで落とし込まれている。

 

これはもう、本当に素晴らしく、知るだけでSEXの技術(女性を満たすこと)は上がる。

が、短期的だ。

 

これを本当の意味で実践するために必要なことが、冒頭に書いたものだ。

 

性欲とSEXの技術は反比例する。

もう少し具体的にいうと、「己の依存心を満たすための性欲」と「SEXで女性を満たす技術」は反比例する。

 

結局、依存心を捨てなければ女性を満たし続けることは出来ない。

 

 

男性はすべからく全員が、女性を『支配』することで己の依存心を満たしている。

 

これは、この男性が持つ前提は、現代社会の中においては、だれも逃れることはできないと、上野先生は言う。

個人の生い立ちによるものではなく、社会環境がそうさせているそう。

 

もし付け加えるとすれば、それは、男性にとってのSEXの教科書がAVなことも大きく影響してると思う。

 

ほとんどのAVは男性の支配欲を満たすための構成だ。

 

その結果、女性を『支配』すれば、女性は喜ぶ、という誤った前提が、ほぼ全ての日本男性の中で成り立つ。

 

では『支配』とは何か。

支配とは、己の孤独を埋めるための依存の手段に過ぎない。

女性を支配することによって、男性は男性としての存在理由をそこに見出し、疑うことがない。

 

これが、幸介は問題視してる、カップルや夫婦間でのセックスレスを生み出す大きな要因になっていると考える。

 

なぜか。

『支配』のSEXは、言い換えると己の射精にオーガズムを置いた、独りよがりのものであるからだ。

 

そんな男性側の独りよがりなSEXを、前戯もなしに挿入して射精するまでの工程の短さから、ジャンクSEXとアダム先生は呼ぶ。

 

アダム先生のスローセックスは、ジャンクSEXを何の疑いもなく繰り返してきた男性に深い気づきを与える。

 

また、いくらスローセックスを頭で理解したところで、それは短期的な技術の向上に過ぎない。

 

本質的には、依存心を減らして、無償の愛を持たなければ、これを継続してパートナーに実践することは出来ないし、アダム先生の言うとおり、SEXとはお互いに高め合っていくべきだし、男女の大事なコミュニケーションツールである。

 

 

 

 

 

アダム先生は、自身の経験から、愛あるSEXとはどういうものかをまとめることで、SEXに対する新たな概念と希望を持たせてくれた。

 

上野先生は、社会学者の立場から、なぜ現代の日本が愛のないSEXで溢れているのかをまとめることで、なぜ自分もそうなのかを理解させてくれた。

 

フロムは、愛あるSEXをするためには、人間としての成熟が必要だということ。また、そのために必要な条件とトレーニングをまとめてくれた。

 

3人はそれぞれ違った視点からSEXを捉えているが、本質にあるものはおそらく似通っている。

 

正しくSEXを理解し、関係性を築いていくためには、これらを一本化して、だれでもわかりやすくする必要がある。

 

アダム先生はわかりやすいけど、上野先生とフロムは学者やからぶっちゃけわかりづらい。

 

だからおれはそこに『幸せになるために』という一本の筋を通すことで簡潔にする。

 

目指すは高校生でも理解できるレベルだ。

 

今回のまとめは、すごく重要。

何回か考え直せば、もう少しロジックも通るはず。

 

インパルスよ、もっと走れ!

テンションはパンク。

攻める。