読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂が歓喜する生き方

上原ひろみさんのピアノを聴く。

 

感動した。

 

おれは自分をもっと表現したいんやと気づく。

 

片岡鶴太郎さんは言った。

 

自分の心の中にある音色は、自分が表現することでしか、この世に出てこない。

 

上原さんも、鶴太郎さんも、孫さんも、おれが心から尊敬するひとたちは、

 

自分にしか出せない心の音色を、ピアノ、絵画、ビジネス、と、それぞれの手段で表現している。

 

鶴太郎さん風に言うと、みんな自分の魂が歓喜する生き方をしている。

 

その生き方に、一点の曇りもない。

 

ジャンルは違えど、本当に尊敬する人たち。

おれも、心からそう在りたいと思う。

 

 

 

 

 

改めて考える。

 

おれの心はシンプルだ。

 

幸せな人生を増やしたい。

ただそれだけ。

 

その音色をはおれの心の中にあるというか、おれの心の中にしかない。

 

それはこの社会を良くするか?

 

そう自問自答する毎日。

でも答えは同じ。

 

必ず、良くなる。

誰よりもわかりやすく、誰よりも役に立つ理論を打てるのは、

 

おれにしか出来ない。

 

学者は結局、研究をしても、問題を解決しようとはしない。

 

恋愛をビジネスにしてるやつは、小さくまとまって終わりやし、本質的なことに興味はない。

 

おれの心の中にある音色は、おれにしか表現することは出来ない。

 

おれは、表現する。

おれは、教育者であり、表現者になる。

 

そのためにも考えろ幸介!

お前は考える足だ!

 

あと鶴太郎さんと孫さんに会いにいけ!

 

よしっ!