読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育の話

最近ずっと考えていることは、どれだけ恋愛教育を、というか教育を、システムで出来るのかということだ。

 

婚活の現場に入ってわかったことは、恋愛でうまくいってない人は結局、自己評価がごっつい下手くそ。

 

なぜ自分がうまくいっていないのか、ということに

①気づいていない

②気づかないフリをしている

のどっちかだ。

 

前者の場合は厄介。

前者の場合はまず気づく必要があり、気づけば変わろうとする人もいる

 

後者の場合も厄介。

多くが自分が傷つかないように見て見ぬ振りをしているが、結局それではうまくいかない。

 

恋愛教育は簡単でない。

結局のところ、人としてどうかという話に行きつく。

 

どこまでがシステムでできて、どこまでが人が介在する価値があるのか、

 

 

 

 

 

 

 

気づきと自己評価の提供はシステムか。

 

人が介在するときの価値と価格。

決められん。まだ