犬の話

ミッキーが生きてた時に、よく破いた障子。

f:id:kosuke19880801:20171027140659j:imagef:id:kosuke19880801:20171027140703j:image

 

家族がおるときには破らんの。

誰もおらんときに破いてた。

 

何回張り替えても破るから、しまいには一番下を張り替えんくなったおれんちの障子。

f:id:kosuke19880801:20171027140920j:image

 

 当時は繰り返しの行為にミッキーを怒ったこともあったけど、

 

いま改めてこの障子を見て思う。

 

これは言葉を喋られへんミッキーからの『寂しい』てメッセージやったんやな。

 

犬って人間に比べたら寝る時間多いし、日中も誰もおらんでも寝てるやろって勝手に思い込んでた。

 

でもそんなわけないわな。

起きてる時間も当然あるわけで、そんときに誰もおらんかったら、遊び相手おらんかったら、ふつうに寂しいわな。

 

なんでストレートに寂しいってメッセージちゃうかって思われへんかったんや、って思うけど、おれはそんとき、心の余裕がなかったんや。

 

だからメッセージに気づかず、自分の都合のいいように解釈してもーたんやな。

 

そんときのおれを責めることは出来んけど、ミッキーはいろんなことをいまでもこうやって教えてくれる。

 

おれらが生きてるこの地球は、資本主義という仕組みの中で生きてる。

その仕組みの中で生きる限り、人はきっと心の余裕を待ちきれない。

 

心の余裕を持つためには、お金と時間から解放されなあかん。

 

自ら人生の舵をとり、己の道を進まなあかん。

 

おれは社会的に成功したいとか一切思わん。

でも、ミッキーが残してた障子のメッセージのように、大切な誰かが困ったときに、そのメッセージをありのままに受け取り、力になれる人にはなろうと強く思う。

 

それがおれにとってのほんまに優しい人。

おれという人間自体が、おれの大切な人たちにとって、実家のようにいつでも帰る場所(人)になりたい。

 

ミッキーありがとうな。

メッセージに気づけんとごめんな。

ほんまに賢い人って、ほんまの成功者って、自分にとって大切なものがなにかを知ってて、それを失う前から大切に出来る人なんやろな。

 

お前が教えてくれたことを胸に、お前の分まで楽しんで生きるわな。

 

よし。

大阪マラソンに向けてランニングや!