ウシジマくんの話

ウシジマくんを全巻読む。

 

村上春樹の小説ぐらい、何度か目のトライでやっと読めた。

 

むちゃおもろかった。

闇金をしてるウシジマくんが中心の話やけど、闇金にお金を借りに来る人の背景とか心情とか人間関係とか、いろんなパターンで描かれてる。

人生を損得で生きる人たち。

 

それはでも、ある程度しゃーない。

 

金持ちに生まれるか、貧乏に生まれるか、そのどちらも極端な損得勘定の価値観を生み、そのどちらも、底なしの欲望を持つ。

 

竹本くんって友達だけが唯一、愛を謳う。

損得で生きるのは悲しいこと。

無償でなにかを与えること。

人はいつか変われること。

 

竹本くんは結果、ウシジマくんに型にはめられるけど、その後にウシジマくんが悲しむ描写があって、

 

沖縄に飛んだときに初めて人を損得で測らなくなった。

あのウシジマくんが、人を許した。

 

作者すげーなって思った

絶対、そこを意図して設計してると思う。

 

作者はたぶん周りにリアルな竹本くんがおったんやろな。

 

じゃないとこんな絵は描けんと思う。

 

 

 

 

 

 

いやー

 

ええ漫画。